Surfing

サーフィンとSUPの違いとは?SUPでもサーフィンができる?

SUPヨガやSUP釣りなど、最近は日本でもSUPの認知度が上がってきていますが、まだまだSUPという言葉を聞き慣れない方も多いでしょう。

SUPってなに?サーフィンとは違うの?との疑問を解消すべく、今回はSUPとサーフィンの違いについてまとめました。

それぞれに違う魅力があるSUPとサーフィンについてぜひ覚えていってください!

サーフィンとは?

サーフィンは板を使って波に乗るマリンスポーツです。

板をざっくり分類すると、

9フィート(約270cm)以上のロングボード
6フィート(約160cm~190cm)のショートボード
7,8フィート(約200cm~270cm)のファンボード

の3種類となります。

ロングボードは板が大きいぶん浮力が高く、初心者でも波に乗りやすいのが特徴です。一方でショートボードは小回りが利くので技を楽しみたい上級者に人気のボードです。

そしてファンボードはロングボードとショートボードの中間のような板で、初心者から上級者まで楽しむことができます。

簡潔に言うとこれらの板の上で波が来るのを待ち、波がきたらパドリングをし、波に押されたら立ってそのままバランスを取りながら波に乗るのがサーフィンというスポーツです。

SUP(スタンドアップパドルボード)とは?

その名の通り、パドルボードに立って(スタンドアップして)楽しむハワイ発祥のマリンスポーツです。

一見サーフボードに乗ってどんぶらこと漕いでいるように見えるSUPですが、サーフィンとSUPでは使う板が異なります。

SUPは強化プラスチックやゴムでできた10フィート(約300cm)のロングボードが多く、パドルと呼ばれるオールのようなもので漕ぐのが特徴です。

基本スタイルはボードの上に立ってパドルで漕ぐものですが、ただ海を漂流するでも、カヌーのように乗るでも、釣りをするでも、ヨガをするでも、パドルボードの使い方に正解はありません。自分の好きなように過ごすことができます。

サーフィンとSUPの違いとは?

サーフィンは波に乗るのが目的であり、SUPは海で佇むのが目的と言えるでしょう。

いわば動であるサーフィンと静であるSUPというイメージです。

もちろんサーフィンもSUPもどちらも好きな人も多いですが、サーフィンが好きな人の中にはSUPは動きがないからハマらなかったという人も少なくありません。

「海でなにをしたいのか?」によってサーフィンとSUPを使い分けるといいでしょう。

SUPでもサーフィンができる?

先程「静のSUP」と書きましたが、実はパドルボードでもサーフィンができます。

SUPサーフィンはパドルを使うため沖に出やすく、さらにボードの上に立っているため波がよく見えます。また、テイクオフのタイミングも掴みやすいため、サーフィン初心者でも波に乗りやすいと言われています。

更にサーフボードよりも浮力が高いため体が安定しやすい点、腕でのパドリングをする必要がないため体力が消耗されにくい点もSUPサーフィンの利点です。

これまでSUPはどちらかというと穏やかに漂流を楽しむ系の印象でしたが、最近では湘南にもSUPサーファーがちらほら見受けられます。パドルを使ってびゅんびゅん漕ぎ、颯爽と波に乗っている姿をよく目にします。

まとめ

「海は好きだけどサーフィンはちょっとこわい」とか「ただ海でのんびりしたい」という方にはSUPはおすすめのスポーツです。

個人的には、SUPサーフィンは未経験なのでいつか挑戦してみたいと思う今日このごろです。

サーフィンは運動神経がよくないとできない?運動音痴でも大丈夫?「サーフィンに興味はあるけど運動神経に自信がない」という不安の声を聞くことは少なくありません。 特に女性は「筋力も体力もないし…」...